いちご鼻になってからでは既に遅いということなのかもしれません

いちご鼻になってからでは既に遅いということなのかもしれません
MENU

いちご鼻になってからでは既に遅いということなのかもしれません

私は20代前半くらいまではいちご鼻とは無縁の女性でした。それどころか、周囲の男性や同性である女性からも、「とてもきれいな肌だね。ブツブツないよね」というような褒め言葉さえいただいていたくらいだったのです。それがある時期からいちご鼻が目立ち始めた時期がありました。とてもショックでした。

 

目立ち始めたのは20代後半に突入してからです。気付いたのは、ファンデーションを塗っていた時に、何度も重ね塗りをするようになっていた自分がいたときです。そして、この時期から私のいちご鼻対策は始まったというわけです。

 

現在いちご鼻になってかなり年月が経っていますが、いまだに解消はされていません。今までに様々な手段をとって解消に向けて頑張ってきました。ピーリング剤を使用したり、パックをまめに実施して肌を整え引き締めて解消しようとしたり、リップスティックのようなこすって解消するタイプのものを使用したりと、ありとあらゆる市販のいちご鼻対策グッズを試しましたが、何一つ成功したものはありません。高価なグッズを購入したにもかかわらず効き目はまったくありませんでした。

 

いちご鼻をまじまじと見つめる人間はあまりいないと思うのですが、やはり自分自身が気になって仕方ないのです。歳を重ねるごとに、いちご鼻を隠すためにファンデーションの厚塗りをしていくと、さらに毛穴がつまりいちご鼻は解消されるどころか、ひどくなる一方だし、だからといってすっぴんでいるわけにもいかず、本当に悩みの種です。

 

「これをしていちご鼻を解消できた!」という方がいればぜひその方法を伝授していただきたいですね。

このページの先頭へ